PLOFILE

てんつくマンこと軌保博光

1968年 兵庫県にて心配症の母と嘘つきな父との間に元気に誕生
1986年 島田紳助に弟子入りを頼むが断られる。
1988年 吉本興業専門学校に入学、お笑いコンビ"TEAM 0(相方:月亭方正)"結成
1989年 吉本初!売れてないのに東京進出。これを機に東京で新人発掘プロジェクトが始まる。
1994年 「やりたいことが見つかった」と吉本興業円満退社
1995年 映画の世界に入る。
1998年 自信をつけるため1ヵ月連続毎日フルマラソン(42.195キロ)に挑戦、完走。
1998年 映画の資金を集める為に路上に座り筆と墨を使いインスピレーションで言葉を書く
       路上詩人となり、路上詩人という職業を作る。
2001年 一年で6000万円を集める自転車日本一周の旅に挑戦、2002年に11ヶ月で6000万円集める。
2002年 名前を"てんつくマン"に改名。
2003年 7年半追い続けた夢、映画「107+1〜天国はつくるもの〜」完成、上映開始。
2004年 NGO「MAKE THE HEAVEN」設立、カンボジアの海外支援開始。
       カンボジアプロジェクトHP:http://maketheheaven.com/cambodia/
2005年 中国内モンゴル自治区での植林活動開始。
       ワンフェスHP:http://www.wonderful-world-syokurin.org/wecan/
2007年 募金を一億円集め、史上最高発行部数3000万部の「30秒で世界を変えちゃう豪快な号外」を発行
2009年 映画「107+1〜天国はつくるもの〜パート2」完成、上映開始
2010年 日本の山の間伐活動開始。
2011年 東日本大震災後直ぐに「め組JAPAN」を結成し被災地で支援活動を行う。
       め組JAPAN HP:http://maketheheaven.com/megumijapan/
2012年 一人一人の可能性を引き出すセミナー「アホで良し学園」を開講。
2012年 人間の可能性は無限であることを伝える為に44歳からゴルフを始め、プロゴルファーになることを宣言!
2013年 女子プロゴルファーのメンタルコーチ開始。シード権獲得のサポートに成功!
2014年 フィリピンの台風被害支援活動開始。
       フィリピン超超超超超ハッピープロジェクトHP:http://maketheheaven.com/philippines/
2014年 鼻唄を歌いながら夢の花を咲かせるセミナー「HANAHANA LAND開講」
2016年 10月より自身もプロゴルファーに挑戦するためアメリカへゴルフ留学予定

今後はプロゴルファーとなり、メンタルトレーナーとツアープロの二つの顔で、
講演、セミナー、本、インターネット、DVDなどで人間の可能性の素晴らしさを伝えてゆきます。


『現在の主な活動』
講演会、メンタルセミナー、プロゴルファーのメンタルコーチ。
著書に「感動無き続く人生に興味なし」「やさしすぎる君へ」「天国はつくるもの」「答」 「あきらめない生き方」など12冊。
★FACEBOOK
てんつくマンファンページはこちら。「いいね」を押すと繋がります。
https://www.facebook.com/Tentsukumanfan

★読者が15000人を越える無料メールマガジン「アホな男のラブレター」
00518931s@merumo.ne.jp
※登録したい方はこのアドレスに空メールを送って下さい。

★アメブロはこちら
http://ameblo.jp/tentsukuman-san/

★Twitter
@tentsukuman

★講演会など仕事の依頼、応援メールはこちら
info@tentsuku.com

※講演会は小学校から企業まで幅広い層に伝わる内容となっています。


てんつくマンメッセージ


僕はアホです、単純です。だから、自分がやりたいと思ったことをやっています。
それが、海外支援なのか、環境ゲームなのか、村を創ることなのか、映画を創る事なのか、言葉を書くことなのか、女の子とデートすることなのかは、その時によって変わります。
僕には日本だけじゃなく、愛してやまない大好きな子供っちがいっぱいいます。今も増殖中です。
なんだかんだ言いながら、今、いきついているところは、地球も守れないで愛する人達は守れないということです。
なので、これから愛する子供っちを守るため、地球に緑を増やしまくります。
これからもこの命をめいいっぱい使って世の中を面白くする。めでたい世の中を創る。そして、死ぬ時に、人種関係なく、奇麗な女の子とアホな仲間に囲まれて、子供達に「爺ちゃん達はやることやったぞ」と伝えながら笑って死ねたらええと思ってます。
今、世の中は、いろんな悲しみや不安な出来事がいっぱい起こっているけど、決してあきらめることなく、「動けば変わる」を合い言葉に動きながら「一人一人の力は微力かもしれないけど、決して無力ではない」ことを伝えていきます。

そうそう、最終的な夢は自分の夢の中に坂本龍馬さんが出てきて、「おまんようやったな」と言いながら酒をついでもらうこと。
これから、面白い企画をどんどん立ち上げるので、楽しみにしとって下さいな。